プロフィール

宗島 和雄

Author:宗島 和雄
宗島 和雄 PRESENTS!
MUNESHIMA GUIDE BLOG です!
霞ヶ浦・高滝湖・マルミフィッシングエリアの釣果情報、ファッション、宿泊記、その他、多種多彩な情報が満載!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
こんにちは、宗島です。

先日、高滝湖に赴いたところ、朝から風が激しく吹き荒れ・・・(泣)

スタート後、この時期、ミノーシャッドにて反応の良いエリアに向かいましたが、ベイトフイッシュの反応は薄く、更に湖面には無数の落ち葉等の浮遊物が漂っている為、ルアーを全くリトリーブする事が出来きず超 ~ ノー感じでした!


s-2030568.jpg
水温:9~11℃  
湖面に落ち葉や枝が無数に漂い、ミノー・シャッドが全くリトリーブ出来ず・・・(泣)



その後、同様のエリアを選択し、日中の水温上昇に伴い、魚が差してくるであろうピンスポットにて待ち伏せをしたのですが、全く反応が無い為、湖を広範囲にランガンし、水深 5m前後に点在するストラクチャーを、ハンマーヘッドジグ 3/8oz を使用してバイトを拾っていきました!


s-2043568.jpg
ハンマーヘッドジグ グリパン系に高反応!
キロフイッシュ×3本、キロアップ2本!


s-2023568.jpg
ハンマーヘッドジグ 3/8oz グリーンパンプキン/レッドフレーク!

当日は、二桁以上キャッチ数を目標に、フィールドに赴いたのですが、ちょっと厳しかったです!

しかしながら、ハンマーヘッドジグを使用し、まずまずのをキャッチ出来たので、満足度充分!

尚、当日の水色はさほど悪くなく、グリパン系に高反応でした!

降雨の影響により、水色悪化すると、ジュンバグブラック/ブルー等のカラーに良く反応しますので、各種カラーを常備しておくと良いですね!

スポンサーサイト
2011/03/28(月) 23:02 |
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。